自分で更新できるアクセス解析研究所の導入方法

アクセス解析研究所

アクセス解析ソフトとは、ホームページに人が何人来たか?を確認できるツール。

当サイトでは、最も有名な「Googleアナリティクス」ではなく、初心者でも直感的に使える「アクセス解析研究所」を推奨しています。

今回は、その導入方法解説していきたいと思います。

使い方に関しては下記の記事にて。

アクセス解析研究所の登録をしよう

まずは、アクセス解析研究所のホームページに行ってユーザー登録を済ませます。

登録には確認可能なメールアドレスが必要となります。

新規のメールアドレスはフリーメールでもOK。

入力後、無料登録のボタンをクリックしましょう。

アクセス解析研究所からメールが来る

すると、入力したメールアドレス宛にメールが届くので、リンク部分をクリック。

登録手続き

ログイン時に使うパスワードを決めて2回入力します。

忘れないように、念のためメモをとっておくと良いでしょう。

続いてIDを入力します。

アクセス解析研究所は、複数のホームページを運用する事もできるので、このIDは何のサイトなのかが分かるような文字にしましょう。

日本語は使えないので注意。

id入力

IDを決めて入力し、制作ボタンをクリックすれば登録完了です。

今後、アクセス解析をする際は登録メールアドレス(またはID)とパスワードが必要となります。

解析コードを埋め込もう

ワードプレスでアクセス解析を行うには、解析コードという文字情報をテーマに埋め込む必要があります。

解析コードを出す

アクセス解析研究所にログインをして、メニューから解析タグをクリック。

解析タグ

コピペと書いてある枠の中にある文字情報を全てコピーします。

続いて、ワードプレスの管理画面にログイン。

外観

外観>テーマエディターを選択。

テーマファイルと書いてある部分から、【header.php】を選択。

表示されたファイルの内容に・・・<body <?php body_class(); ?>>という部分があります。

この真下に先ほどの解析コードを貼り付けて保存をすれば完了です。

コードを張ってからの解析となるので、利用は1日程度待つ必要があります。

あとは、アクセス解析研究所にログインをすればホームページに何人来ているのかを簡単に確認する事が出来ます。

ワードプレスに解析コードを張る部分が若干難しく感じるかもしれませんが、慎重にやれば決して難しい作業ではありません。

当サービスでは、無料オプションとして解析コードを張る作業は行いますので、登録と解析コードの情報さえ教えて頂ければOKです。

Follow me!

この記事を書いた人

アバター
naoto
5年前からフリーランスのWebデザイナーとして活動をしており、WordPressを使ったホームページ制作・ブログ制作が得意です。

ホームページ制作依頼はこちらから

ココナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です